SUPER CAPACITOR

現在市販されている日産のリーフがそうであるように、近年販売されている電気自動車はリチウムイオン電池などのバッテリーを用いて走行しています。

Like the Nissan leaf currently on the market, electric vehicles sold in recent years are running with batteries such as lithium-ion batteries.

当研究室ではその一方で、キャパシタと呼ばれる蓄電装置をパワーソースとして走行可能な電気自動車を開発しました。

On the other hand, our laboratory has developed an electric vehicle that can travel with a power storage device called a capacitor as a power source.

バッテリーの代わりにキャパシタを用いるメリットは、

  1. 充電速度が非常に速い
  2. 充放電耐性が強い
  3. パワー密度が大きい
  4. 電圧と容量特性が線形であり、残量が把握しやすい

などがあります。

The good point of using capacitor instead of battery is as follows.

  1. Charging speed is very faster.
  2. Strong charge / discharge resistance
  3. Power density is high.
  4. Voltage and capacitance characteristics are linear, and the remaining amount is easy to grasp.

こちらが当研究室で開発した、トヨタ自動車製のCOMSをキャパシタ駆動にした機体です。こちらの実験機ではたった30秒の充電で20~30分の走行が可能となっており、こちらは駒場キャンパスで実際に走行した実績があります。その際に最大時速も50km/h程度まで出力可能となっております。

This is a capacitor driven vehicle witch we developed in our laboratory, using Toyota Motor's COMS.This vehicle is able to run for 20 to 30 minutes with only 30 seconds of charge, and we have a track record of actually driving at Komaba campus. In the experiment, the maximum speed can be up to about 50 km/h.


もちろん現在主流となっているリチウムイオンバッテリにもコストやエネルギー密度などという点に利点があります。そこで当研究室では、キャパシタがバッテリに完全に置き換える訳ではなく、共存によって良い部分を活かしあえばいいという思想を持っています。現在研究を行っている第二世代ワイヤレスインホイールモータではホイール部分にリチウムイオンキャパシタを搭載し、車体側に搭載されているバッテリと合わせるとパワーソースを2つ持つことになります。この協調により、バッテリーよりも高応答性が求められる部分でキャパシタをうまく使うことで更なる効率改善などを図る研究を現在行っています。

Of course, the mainstream of lithium ion battery also has advantages in terms of cost, energy density and so on. Therefore, our laboratory has the idea that the capacitor does not completely replace it with the battery, and that we can make good use of the good part by coexistence. In the second generation wireless in-wheel motor currently being studied, a lithium ion capacitor is mounted on the wheel part, and combined with the battery mounted on the car body side, it will have two power sources. With this cooperation, we are currently conducting research to improve further efficiency well by using capacitors in parts where higher responsiveness is required than batteries.